眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

近視

近視は視力低下を起こす原因として、非常に大きなウェイトを占めています。つまり、文字が読みにくくなる近視こそが眼鏡の母であるとも言えます。では、なぜ人間の目には近視が起こるのでしょうか。近視が起こるメカニズムと、近視を防ぐためのトレーニング法を解説していきます。

近視の真実とは

近視は「近眼」ともいい、近くのものに目のピントが合いやすくなる視力異常の一種です。近視が進行すると、伸ばした自分の手の輪郭がぼやけるほどにピントの合う距離が短くなっていきます。

目のメカニズム

視力を司る目は一種のカメラであるといわれています。水晶体と呼ばれるレンズに当たる組織で捉えた風景は、フィルムに当たる網膜に写された後に視神経を通って脳に伝達されています。カメラで言うピントを合わせるためのフォーカス機能は虹彩と瞳孔によって行われ、見ているものの距離に応じてピントを合わせることが出来るのです。

近視の原因

近眼とはカメラで言えば「フォーカス機能が故障して遠くのものにピントを合わせられなくなる」ということになります。近眼が起こる原因として、「漫画やテレビゲームが悪い」と槍玉に挙げられることがありますが、漫画やテレビゲームがない時代に眼鏡が発明されたことを考えれば、近視の遠因にはなっても主な原因にはなりえないと言えます。

遺伝説

近視の原因として、もっとも有力視されているのが遺伝説です。家族から近視が遺伝する確率は90%弱にも相当するという統計データがあり、近視になるかを決定する遺伝子の特定など、非常に注目されている説であるといえます。

環境説

環境説は、生活内容や習慣などの環境によって近眼になるという説です。先述の漫画やテレビゲームなどもこの環境説に含まれます。遠くのものを見る必要がある環境で生活しているアフリカの人の視力が総じて良いことも、この説の信頼性を高めているといえます。

その他の説

その他の原因としては「特定の栄養が不足しているためである」とか、「成長期の睡眠不足が原因である」などの様々な説があります。

近視を防止するためのトレーニング

近視が遺伝するといっても、「発生しやすくなる因子が遺伝する」ということであって「親が近視なら子供は絶対に近視になる」というわけではありません。近眼は、トレーニングによって予防または改善することが可能です。

遠くを見る

昔から「遠くの緑を見ると目にいい」といわれているように、意識的に遠方のものにピントを合わせるようにすることで、目のフォーカス機能が鍛えられ近視を防止または改善する効果が得られるのです。遠方を注視した後は、手などの近くのものを注視して目のバランスを取るようにしましょう。

ピンホール眼鏡

ピンホール眼鏡は、レンズ部分が小さな穴が幾つも開いた黒い板状のものになっている眼鏡です。ピンホール眼鏡を掛けることで、ピンホール効果によって目を疲れさせずに遠くのものにピントを合わせやすくなる効果が得られます。ただし、ピンホール眼鏡は目の疲れを軽減する目的で使用されるものなので、テレビやパソコンを長時間注視する場合などに使用するのが正しい使用法です。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載