眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

乱視

乱視は全ての人に起こりうる視覚異常です。近視や遠視と併発する場合があるため、眼鏡のレンズを選ぶ際には非常に大きな要素となりうるのです。
では、乱視とはどのような状態になることを言うのでしょうか。乱視の症状や原因、対処法などを紹介していきます。

乱視とは何か

乱視は、視野全体がぼやけたり見ているものの輪郭がぶれて見えたりするなどの目の焦点が合わないことで起こる視覚異常です。乱視が進行すると視界全体がぼやけたり歪んだりして見えるため頭痛や吐き気を伴うことがあります。

乱視の原因

乱視の原因は、目の構造そのものにあります。人間の身体は緻密な構造になっているものの幾何学的には完全とは言いがたい歪みを持っているのです。乱視は、目の前面に在る角膜と水晶体の形状が持つ歪みを原因として起こります。ある程度の歪みは脳などで修正処理が行なわれていますが、歪みが強くなると処理しきれなくなって視界に影響が出るのです。

乱視の症状の種類

乱視の症状には種類があり、症状や矯正法が全く異なっています。

正乱視

正乱視は角膜の歪みによって起こる乱視で、歪み方によって細分化することが出来ます。縦方向に角膜が歪んでいる「直乱視」、横方向に歪んでいる「倒乱視」、斜め方向に歪んでいる「斜乱視」があります。直乱視による視界の歪みは矯正の必要がない程度のものですが、倒乱視や斜乱視は矯正する必要がある歪みが起こります。

不正乱視

不正乱視は、水晶体の歪みを原因としている乱視です。水晶体は元々楕円形になっているため歪みを起こしやすいのですが、不正乱視では、角膜の表面に凹凸が発生していることがあるため、眼鏡では矯正できないケースがあります。

複乱視

複乱視は、正乱視・不正乱視に近視・遠視が併発している乱視のことです。乱視の矯正に合わせて近視・遠視の矯正を行なう必要があります。

乱視の矯正法

乱視は、症状に合わせて矯正法が変わってきます。乱視の大部分を占める正乱視は、程度によっては矯正する必要がありません。

眼鏡による矯正

眼鏡による乱視の矯正には、「円柱レンズ」という種類のレンズを使用します。この円柱レンズは乱視で生じる焦点の距離のずれを矯正する効果が高く、乱視の種類に合わせて使用することが出来ます。複乱視の場合、円柱レンズに加えて凹レンズ・凸レンズを組み合わせる必要があるため眼鏡のレンズが厚くなるというデメリットが発生します。

コンタクトレンズによる矯正

コンタクトレンズでの乱視の矯正は、特に不正乱視の矯正に効果を発揮します。不正乱視の場合、角膜の表面と水晶体に歪みがあるので角膜に密着する形を取るコンタクトレンズの方が、都合がいいのです。不正乱視の場合、ハードコンタクトレンズで矯正することになります。最近は乱視に対応したソフトコンタクトレンズもあるため、眼科医に相談してみると良いでしょう。

レーシック手術による矯正

レーシック手術は、角膜の表面を蓋状に切開して角膜内部にレーザーを照射して薄く削って視力を回復させる手術法です。レーシック手術は近年になって日本でも行なわれるようになっていますが、保険適応外になっています。また、業者によっては術後の経過が良くない場合があるので、慎重な判断を要する方法といえます。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載