眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

遠視

目に起こる視力異常は、「見たい所がはっきり見えなくなる」という共通の症状を持っているといえます。視力異常の一つである遠視は、発症者が近視に比べて少ないことから軽く見られがちです。
遠視とは一体どのような症状を持っていて、どのように矯正すればいいのでしょうか?

遠視を知る

遠視は近視の逆で、遠くのものにピントが合いやすくなり近くのものがぼやけて見える視力異常です。近視と逆の症状が出るということから、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が行われにくいという風潮が見られます。

遠視の原因

正常な目は、光として入ってきた映像を水晶体のレンズ作用によって網膜に焦点が重なるようにして、像を結ぶように機能しています。しかし、近視や遠視などの視力異常を起こすと水晶体の焦点の位置が網膜からズレが生じてしまいます。近視では網膜より手前、遠視では網膜より奥に焦点があるため良く見える距離に変化が現れるのです。

最初はみんな遠視?

多くの人は子供の頃に遠視の症状を示しています。これは、目の水晶体を調節する力が最大に機能しているため、遠くの方が見えやすいようになっています。しかし成長するにつれて、遠視から視力異常のない正視に、または近視に変化していきます。これは異常ではなく、ある意味では当然の変化といえます。

症状

遠視は、近視に比べて眼鏡による矯正が行われにくい視力異常であるといえます。親が「本を顔から離さなければ読めない遠視」よりも「本を顔に近づけなければ読めない近視」の方が良くないものであると考えがちだから、とも考えられますし遠視を軽く考えてしまう風潮があるのも一因といえるでしょう。しかし、遠視の症状はそれほど軽いものではありません。遠視を起こすと目の調節機能が常に働き、眼精疲労や肩こりを起こすことがしばしばです。つまり、遠視は「疲れ目になりやすい視力異常」だといえます。また、遠視の人が近くのものを見ようとするとより目になる必要があるため斜視や弱視を引き起こす恐れがあります。

遠視と老眼

老眼と遠視は、「目が遠くなる」という症状が同じことから同種の視力異常として扱われることがあります。しかし、老眼は老化による筋力低下によって起こるものであるため近眼と併発するという、遠視にはない特徴があります。症状や矯正法が似通っていても、遠視と老眼は厳然たる区別をしなければならない視力異常なのです。

遠視の矯正法

子供のうちの遠視は、ある程度トレーニングで改善することが出来ます。子供の遠視矯正は出来るだけ器具を使わずトレーニングで行なうようにしないと、両目を使う両眼視機能に影響することがあるからです。

遠視矯正トレーニング

遠視矯正のためのトレーニングは、近視矯正の逆で「近くのものを注視する」ことで目の調整力を鍛えるのが目的です。手軽にトレーニングできるとして人気が高いのは、立体視することで字や絵が浮かび上がるステレオグラムの利用です。

遠視矯正のための手術

成人の遠視矯正は、主に手術で行ないます。遠視矯正手術として行なわれるのがレーシック手術です。遠視へのレーシック手術と近視のレーシック手術の違いは、角膜に照射するエキシマレーザーの種類が違うということです。手術を受けた人の大部分は、遠視の改善が見られます。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載