眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

老眼

全ての人間は、例外なく歳を取れば身体の機能が衰える老化に悩まされることになります。老眼は、目に影響が起こる老化現象の一つで非常に悩ましいものであるといえます。老眼とはどのような症状を起こし、どうすれば矯正できるのでしょうか。老眼に関する情報を紹介していきます。

老眼を知ろう

老眼は「老視」ともいい、加齢によって起こる視力異常です。早い人は40代から発生し、60代の老境に達する頃になれば大部分の人が患うことになります。

原因

老眼のそもそもの原因は加齢による老化現象ですが、眼球ではどのような形で老化現象が起こっているのでしょうか。外部からの光景を光として捉える水晶体は、老化と共に厚みを増して歪みが発生します。同時に、眼球周辺の視力を調整する筋肉にも衰えが生じるので、歳を取れば取るほど老眼は進んでいくことになります。

症状

「歳を取ると目が遠くなる」と言われるように、老眼の症状として遠視のように「遠くの方にピントが合う」ようになります。これは、水晶体の歪みと筋肉の衰えによって焦点の位置が角膜から大きくズレやすくなるために起こるものです。そのため、老眼は角膜を削る視力回復手術で矯正することが出来ません。

近視と老眼の関係

俗に、「近視の方が老眼になれば、遠視と近視でちょうどいい視力になる」といわれていますが実際はそう簡単なものではないといえます。実際の老眼は、「近くのものが見えにくくなる」のではなく「近くのものをみても、遠視のように網膜の奥で焦点を結ぶ」ようになる視力異常なのです。つまり、近視の人が老眼になると「近視と遠視でプラスマイナスゼロ」ではなく「遠視の性質を持つ近視」に症状が変化する可能性が高いのです。

老眼の矯正法

老眼は、近視や遠視に比べて多くの人が悩まされることになる視力異常であるといえます。老後を過ごすためにも、老眼の正しい矯正法を知ることは重要なことなのです。

老眼鏡による矯正

老眼鏡は、老眼矯正の最もポピュラーな方法です。量販店や100円ショップで取り扱われている既製品から、眼鏡専門店や眼科医で作製されるものなど様々にありますが、日常的にする場合は専門業者や眼科医の元で老眼鏡を作るべきだといえます。

コンタクトによる矯正

最近では遠近両用のコンタクトレンズを使用した老眼の矯正が行われるようになっています。コンタクトレンズによる矯正の利点は、「眼鏡を掛けなくて済むこと」であるといえますが、手入れや使い捨て型レンズの交換などデメリットがあります。

老眼予防の視力トレーニング

老眼は防ぎようのない老化現象ですが、老化が起こる以前からトレーニングを重ねていくことで症状を緩和することが可能です。老眼に有効なトレーニングとしては、「調節訓練法」があります。これは、遠くのものと指や鉛筆などの近くのものを一直線上において、目のピントを近くのものと遠くのものに交互に合わせていくという方法です。老眼は、水晶体の変化だけでなく目の筋肉の衰えも大きく関わってくるので、短時間でも毎日トレーニングを重ねておくことが重要です。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載