眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

コンタクト

コンタクトレンズは、眼鏡を装着することなく視力を矯正できるので若者に人気がある視力矯正器具です。しかし、直接角膜に触れるため場合によっては目を傷つけることがあります。コンタクトのメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。コンタクトレンズについての情報を解説していきます。

コンタクトを知る

俗にコンタクトと言われるコンタクトレンズは、英語で「直接眼球に触れるレンズ」という意味を持っています。その名の通り、目に直接つけるため特に衛生面で注意する必要がありますが眼鏡のデメリットを大幅に軽減することが出来るというメリットがあります。

コンタクトの種類

コンタクトレンズは、時代と共に大きく変化していった道具の一つであるといえます。そのため、変化に応じて様々な種類が生み出されていきました。

強角膜コンタクト

強角膜コンタクトは眼球全体を覆う形のコンタクトレンズで、初期のコンタクトの主流を担っていました。しかし、素材の問題や眼球全体を覆うため目に障害を起こす可能性が高く長時間使用できないというデメリットを持っていました。

角膜コンタクト

角膜コンタクトは、現在のコンタクトレンズの主流となっている黒目の部分を覆うタイプのコンタクトです。酸素透過性の高い素材が使用されるようになってからは長時間の使用にも耐えられるようになって来ました。

ハードコンタクト

ハードコンタクトは、硬めの素材で作られているコンタクトです。目の負担が小さく、乱視に対応できるなどの利点がありますが、落としやすいというデメリットがありソフトコンタクトにとって変わられつつあります。

ソフトコンタクト

ソフトコンタクトは、柔らかい素材で作られたコンタクトです。技術の進歩によりハードコンタクトの欠点を全てカバーしたコンタクトレンズの主流となっていますが、定期交換の必要があるためコストが高くなるというデメリットがあります。

使い捨てコンタクト

使い捨てコンタクトは、使用期限を短期間に定めたソフトコンタクトで、数日単位で交換するものと一週間単位で交換するものがあります。

カラーコンタクト

カラーコンタクトは、視力矯正機能がないファッション用のコンタクトです。虹彩部分を変化させる目的で着用されますが、価格が安い輸入品は安全性に問題があるとして規制されています。

コンタクトの賢い使い方

コンタクトレンズは、眼鏡と違って鼻や耳に負担を掛けることも無ければスポーツの現場でも着用できるなどのメリットがありますが、正しい使い方をしなければ目に直接負担を掛けるというデメリットがあります。

清潔に使う

コンタクト着用者の中には、「短期使い捨て型を長期間に渡って使用している」「寝る時も着用したままにしている」「洗浄は気が向いたときにする」といった、衛生的ではない使い肩をしている人が見受けられます。このような使用法は目に負担をかけ、角膜炎などの原因になります。また、洗浄の際には専用の洗浄液を使用しなければアカントアメーバ菌の感染を招き失明に至る場合があります。

逆まつ毛の人は使わない

コンタクトは逆まつ毛の人は使ってはいけないとされていますが、これは「まつ毛がコンタクトで押し込まれて角膜を傷つけてしまう」からです。しかし、店舗によっては逆まつ毛の人にもコンタクトを販売することがあります。逆まつ毛は病院で治療出来るので、コンタクトを買う前に眼科医に相談してみましょう。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載