眼鏡+
お問い合わせリンク眼鏡+

メガネケース

メガネケースは、大抵の場合眼鏡一式を買えばおまけで付いてくるため省みられることがない眼鏡の周辺アイテムであるといえます。しかし、メガネケースにも様々な種類がありファッションやインテリアにも貢献するものも少なくないのです。ここではメガネケースについての情報を紹介していきます。

メガネケースを活用する

メガネケースは、壊れやすい眼鏡を保護する目的で作られた入れ物でハードタイプ・ソフトタイプなど様々にあります。眼鏡を購入した時に付けられるメガネケースは、ほとんどの場合眼鏡拭き付きのハードタイプケースになります。

メガネケースの利点

メガネケースは人によっては全く使用されないままになることもありますが、メガネを装着する上では非常に有用なアイテムであるといえます。

眼鏡の保護

まず、「眼鏡を壊れないように保管できる」という利点があります。特にガラスレンズを使っている眼鏡の場合、高所からの落下でレンズが破損する可能性が高いためケースに入れておくことで保護されるだけでなく、机などから落ちにくくなるというメリットがあります。旅行に出かける時などの予備のメガネを持っていく必要がある場合にも活躍します。

ファッションやインテリアとして

メガネケースは、メガネフレームと同じくらいにブランド品が多く存在しています。これは、「普段使うものだから眼鏡に合わせたものを使いたい」という需要に応えたものであるといえます。しかも、メガネケースはブランド品でも価格は抑えられているので、気軽に購入できるというメリットがあります。また、携帯性に乏しいもののインテリア性を追求したメガネケースもあり、選択肢の広さもメガネケースの密かな人気を支えています。

メガネを保持するメガネホルダー

メガネケースは眼鏡を短時間から長期に渡って保護することを目的にした入れ物ですが、物によっては持ち運びが不便なことも少なくありません。そこで一時的に眼鏡を外す必要がある場合、眼鏡を引っ掛けておけるメガネホルダーの出番となります。メガネホルダーは眼鏡のつるを通して保持する構造になっており、ブローチやネクタイピンやネックレスとしても使用できるデザイン性の高さを兼ね備えています。

メガネケースの選び方

メガネケースは、眼鏡本体に比べて安価で購入できるアイテムであるといえます。その分、目的に合わせて選ぶ必要性は高いといえます。

持ち運ぶならソフトタイプを

ソフトタイプのメガネケースは革製や布製のものが多く、眼鏡を入れていない時はバッグやポケットに入れていても場所をとらないというメリットがあります。その分、保護機能がハードタイプよりも低くなっています。

予備の眼鏡にはハードタイプ

海外旅行先で、眼鏡を紛失や破損すると帰国するまで眼鏡なしでいなければならなくなります。そういったトラブルを防ぐために予備の眼鏡を持参する場合、ハードタイプのメガネケースが必要です。ハードタイプは、携帯性に難がありますが保護機能が高いのが長所となっていて、眼鏡を安全に持ち運ぶには最適です。

フォーマルな場所ではメガネホルダーを

メガネホルダーは、実用的な装飾品としての一面を持っています。パーティーや祭事などで眼鏡を持ち運ぶ必要がある場合、メガネケースよりもメガネホルダーの方が向いているといえます。

眼鏡
<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank"><img src="http://meganeplus.com/img/banner.gif" alt="眼鏡" width="88" height="31" border="0"></a>

眼鏡+

<a href="http://meganeplus.com/" target="_blank">眼鏡+</a>

広告掲載